東条病院

リハビリテーション

当院のリハビリテーションについて

当院では急性期から亜急性期、維持期にわたってリハビリテーションを行っております。
入院患者さまの場合、自宅に帰ってからも円滑に生活を送れるように、在宅で利用するサービスをイメージし、
地域のケアマネジャーと連携を図ってリハビリテーションを行います。
在宅においてリハビリテーションが必要な場合には、通院でリハビリテーションを行うだけでなく、
ご自宅に理学療法士が伺う訪問リハビリテーションも行っています。
また、療養病棟へショートステイをして、集中的にリハビリテーションを行うことも可能です。


対象となる疾患

運動器リハビリテーション

骨折、関節の変形などの整形外科疾患をお持ちの患者さまに対して、筋力強化練習やストレッチなどを行います。 医療保険が適用されます。

脳血管疾患等リハビリテーション

脳血管疾患 (脳梗塞、脳出血など) によって手足に麻痺がある患者さまや、肺炎などの内科疾患により体力が低下した患者さまに対して、歩行練習や基本動作の訓練、体力の強化などを行います。 医療保険が適用されます。

介護保険リハビリテーション

加齢や慢性疾患によって運動能力や生活能力が低下した患者さまに対して、起き上がったり寝返ったりなどの基本動作の訓練や歩行練習などを行います。 療養病棟に入所 (またはショートステイ) している方が対象であり、介護保険が適用されます。

訪問リハビリテーション

自宅において寝たきりの状態にあり通院が困難な患者さまに対して、理学療法士がお伺いしてストレッチや基本動作の訓練などを行います。 介護保険を適用する場合と、医療保険を適用する場合の2通りあります。

環境・設備


ページトップへ